「入居希望者と気軽に会話」がメリット

ウチコミ

企業|2020年01月09日

  • twitter

サイト活用法をオーナーが語る

 オーナーが入居希望者と直接やり取りできる賃貸物件ポータルサイト『ウチコミ!』を運営するウチコミ(東京都新宿区)は2019年12月7日、利用オーナーがサイトの活用法を語るセミナーを開催した。

 『ウチコミ!』は、無料で空室物件を掲載できる物件検索サイト。内見や契約はエージェントと呼ばれる不動産会社を介する仕組みで、オーナーは成約時に賃料1カ月分の仲介手数料をエージェントに支払う。開設から6年でオーナーの会員登録は9500人まで増えたが、サイトを活用しきれていない会員が一定数いることが課題となっている。

 セミナー当日は、浦安大家塾で塾長を務める谷本真オーナーが『ウチコミ!』の活用法や自身の賃貸経営について話した。谷本オーナーは85戸の賃貸物件を運営しており、5年前からサイトを利用している。サイトの利点について「入居希望者からの問い合わせにすぐ返信できる」「入居判断を自分でできる」などをあげた。問い合わせへの早急な返信が内見誘導率や成約率に関わるためだ。会話調でメッセージのやり取りができることで「入居者との関係づくりが気軽にできる」こともメリットとした。一方、「エージェントが変わった際、関係構築に時間がかかる」「入居者は仲介手数料が無料のため、属性に不安のある人が入る可能性がある」などの懸念点も話した。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    2. 賃貸管理業「任意登録制」にメス

      国土交通省

    3. 急拡大路線から「質重視」へ

      OYO LIFE(オヨライフ)

    4. 「対応が難しい管理トラブル」とは?

      国土交通省

    5. 急拡大路線から「質重視」へ

      OYOLIFE(オヨライフ)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ