拡張現実で設備を配置

ダイケン

商品・サービス|2020年01月20日

  • twitter

現地の映像に製品イメージを重ねて表示

 建築金物、外装用建材、エクステリアなどの総合メーカーであるダイケン(大阪市)はAR(拡張現実)の技術を使い、宅配ボックスやごみ収集庫の設置イメージをシミュレーションできるサービス『DAIKEN AR(ダイケンエーアール)』を開始した。

 iPhoneやiPadのカメラで現場を映しながら、製品の実部大3D画像をリアルタイムで、カメラ越しに表示できる。実物に近い製品イメージを対象物や現場と照らし合わせた確認が可能で、カタログで製品サイズを調べたり、設置現場の寸法を計測したりといった手間を軽減。設置した状態のイメージがしやすく、提案や検討をよりスピーディーに行うことができる。

 専用アプリなどは必要とせず、iPhoneやiPadのSafariブラウザで『DAIKEN AR』の公式サイトから、対応する製品を選択。製品の3D画像のアングルを決定して、「ARモード」に進むと、ブラウザ上でカメラが起動し、設置を想定する現地の画像に重ねて、製品の3D画像を配置できる。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. Casa、民法改正の注意点解説

      Casa(カーサ)

    4. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    5. TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ