【専門家に聞く】一部滅損による家賃の値下げ

その他|2020年03月16日

  • twitter

Q 新型コロナの影響で、交換が必要な住宅設備が納品されない場合、一部滅損による家賃減額は免責期間が適応できるのか?

A 新型コロナの影響で住宅設備が仕入れられない状況であっても、原則家賃減額に応じなければいけない。

新型コロナが原因であっても減額対象

 新型コロナウイルスの影響で、トイレやシステムキッチンなど一部の住宅設備が仕入れられない状況になっている。メーカーによると、中国の工場で部品を作っていることから、生産できない状況だ。4月に施行する改正民法では、賃貸住宅のエアコンや給湯器の故障時に家賃を減額する対応が必要になるが、メーカーから仕入れられない状況であっても家賃を減額しなければいけないのか、加藤幸英弁護士に聞いた。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナで民泊稼働ゼロも

    2. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    3. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    4. データで見る 部屋探し最新事情

    5. Shift、初期費用ゼロで差別化

      Shift(シフト)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ