山口不動産、アクリル板をカウンターに設置

山口不動産

商品・サービス|2020年06月03日

  • twitter

アクリル板を設置した接客カウンター

 管理戸数556戸の山口不動産(神奈川県大和市)は店舗のカウンターにアクリル板を設置し対面接客時の飛沫(ひまつ)を防止するなど、新型コロナウイルスの感染対策を行っている。アクリル板はネット販売を利用し、約1万5000円で購入。現在3席に設置している。

接客中の飛沫感染を防止

 同社は神奈川県に外出自粛要請が発令された4月11日から社員を2つのグループに分け、1日おきに出勤させる交代制勤務を導入。出社する人数を減らし感染リスクを抑えるほか、顧客と接触する社員を減らすことを目的としていた。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ