興和コーポレーション、解約分はマンスリーで補う

興和コーポレーション

企業|2020年08月11日

  • twitter

マンスリーサイト『KYOTO Apartment』

 京都市内を中心に850戸を管理する興和コーポレーション(京都市)では、約半数の400戸に学生が入居している。これまで、大学のオンライン授業を理由に、解約となったケースは出ていないが、長谷川欽哉取締役は「今後の大学側の授業方針次第では、400戸のうち半数以上が解約となってもおかしくはない」と事態を冷静に見つめている。

課題は立地の相性

 解約が相次ぐリスクに備えて、同社はマンスリー事業の拡大で減収分を補いたい考えを示す。解約した物件に家具・家電を導入し、マンスリー物件として提供。入居者ターゲットも変える。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  2. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  3. 【その2】賃貸仲介の成約単価・成約率などは会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸仲介編~)

    リライフ, スタートライングループ

  4. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  5. チームプロモート、QRコードで修繕手配

    チームプロモート

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ