東急住宅リース、入居者の共用施設予約、実証実験を開始

東急住宅リース

ニュース|2020年11月03日

  • twitter

操作画面のイメージ

 賃貸管理大手の東急住宅リース(東京都新宿区)は、チャットアプリやスマートロックを使い、施設の予約・解錠・決済にかかわる手続きを円滑にするための実証実験を始める。システム開発会社のConnected Design(コネクティッド・デザイン:東京都世田谷区)と共同で進める。

予約・解錠・決済がLINEで完結

 具体的には、東急住宅リースの賃貸マンション『川崎高津』(神奈川県川崎市)の1階共用部をシェア型防音スペース『OTOHEYA(オトヘヤ)』にリノベーションした事例を使い、実験する。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ