UPDATA、業務フローを一元管理

UPDATA

企業|2021年01月04日

  • twitter

 不動産領域に特化したDXサービスを展開するUPDATA(東京都港区)は2020年12月14日より、業務フローを一元管理できる業務効率化システム『SyncaWork Flow(シンカワークフロウ)』の提供を開始した。

進捗可視化し効率向上図る

 同サービスでは、各部署をまたいだ業務が必要となる案件のフローをシステム上でテンプレート化する。進捗(しんちょく)管理の可視化と、効率化が期待できる。例えば、入居者への更新意思確認や、退去までの手続きなどをテンプレート化しておくことで、手続き完了までの流れを業務に関わる全員が確認することができる。『Synca Work Flow』を活用し、業務のブラックボックス化の解消を図る。

 業務の案件は何度でも使用することができ、カスタマイズや微調整も可能だ。岡村雅信代表は「まず1年後に1000社導入を目指したい」と意気込む。

 料金は、プランによって分かれており、初期費用30万~50万円で、月額料金も10万~50万円となる。最も質の高いプランでは、案件のテンプレートへの落とし込みまで、同社の担当者がコンサルティングすることも対応している。

(1月4日29面に掲載)

おすすめ記事▶『RENOSY X、物確業務最大95%効率化』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ