三好不動産、全営業車に飛沫防止パネル設置

三好不動産

ニュース|2021年01月22日

  • twitter

営業車での案内イメージ

 約3万6000戸を管理する三好不動産(福岡市)は9日、飛沫(ひまつ)防止パネルを全営業車48台に設置して内見案内を行うと発表した。繁忙期に備え、新型コロナウイルスの感染対策を強化しながら仲介営業を展開していく。

繁忙期の内見案内に備える

 飛沫防止パネルは、前部座席と後部座席との間に設置している。車内では換気に加え、客が入れ替わるごとにドアノブや座席をアルコール消毒する。また、運転する従業員は手洗いやうがいや、マスク着用のほか、出社時には体温の測定などを行い感染防止に取り組んでいる。

車内の前部と後部の境界線に設置されたパネルの写真

車内の前部と後部の境界線にパネルを設置

 広報課の川口恵子氏は「来店者アンケートでは、感染対策が施された店内に安心感を抱く声が目立っていた。繁忙期を迎えるタイミングで営業車にも対策を講じ、より安全に部屋探しをしてもらいたい」と語る。

 同社は昨年発出された1回目の緊急事態宣言以降、仲介店舗のカウンターに飛沫防止ボードを設置するほか、店内のアルコール消毒を続けている。

(1月18日2面に掲載)

おすすめ記事▶『ジェイ・エス・ビー、1600棟でセルフ内見可能に』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  2. レジデンシャル ペイメント、元警察官による入居者トラブル対応、8万契約突破

    レジデンシャルペイメント

  3. 管理会社に聞く入居者対策①【前編】

    絹川商事, タクシン不動産

  4. 大東建託、首都圏トップはみなとみらい線

    大東建託

  5. 法務省、不動産の相続登記、義務付けへ

    法務省

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ