「リターゲティング」使えなくなる可能性【賃貸トレンド連動記事】

Google(グーグル), LIFULL Marketing Partners(ライフルマーケティングパートナーズ), Priv Tech(プライブテック)

ニュース|2021年05月19日

  • twitter

 自社のウェブサイトを訪れた人を、サイトから離れた後も追いかけて広告表示する「リターゲティング」と呼ばれる広告手法を、2022年早々使えなくなるかもしれない。22年4月の改正個人情報保護法の施行前に、Google(グーグル)が、この手法の前提となる「閲覧履歴情報」を第三者に提供する(サードパーティークッキー)サービスを、停止する可能性があるからだ。投資用不動産販売会社や、地域大手の賃貸仲介会社など、利用頻度の高い不動産会社は、ウェブ広告戦略の見直しを迫られている。

【『賃貸トレンド』でこの記事の全文を読む】

Google「閲覧履歴情報」提供停止の影響

広告費の3割を割いている現状

 閲覧履歴情報の提供サービス停止について、Googleは22年中に実施すると、20年1月に発表した。EUのデータ保護規則であるGDPRや、米国カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の成立など、世界的に高まるプライバシー保護の要求を受けたものだ。閲覧情報はウェブブラウザー「Google Chrome」で得たもので、Appleの「Safari」や、Mozillaの「Firefox」など、競合サービスは既に提供を止めている。日本の改正個人情報保護法が施行されるのは22年4月だが、それよりも前にGoogleがサービスを停止すると予想するウェブ広告関係者は多い。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ