ミリーヴ、会社の枠を超えたDXの実現目指す

ミリーヴ

企業|2021年09月16日

  • twitter

 2022年5月までに行われる宅地建物取引業法の改正により、不動産取引における契約の完全オンライン化が現実味を帯びてきた。賃貸借契約がオンライン上で完結することで賃貸住宅ビジネスはどう変わるのか。DX(デジタルトランスフォーメーション)に先進的な取り組みを行う2社を2号にわたって紹介。第2弾では、ミリーヴ(熊本市)の川口雄一郎会長が賃貸ビジネスの新たな可能性を語る。

更新業務拠点作り地元8社で利用

原状回復不要で立ち会い業務省く

 2万4973戸を管理する明和不動産管理(熊本市)などをグループ会社に持つミリーヴの川口雄一郎会長は「DXを前提とした業務の最適化により、地域の不動産会社同士が協力し合う新たな賃貸ビジネスの形が生まれるだろう」と話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. エイムズ、築39年の物件で施工中に成約獲得

    エイムズ

  5. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ