スルガ銀行不正融資問題に新局面

さくら共同法律事務所, スマートデイズ, スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団, スルガ銀行不正融資被害者同盟, 東京共同法律事務所

ニュース|2021年09月24日

  • twitter

さくら共同法律事務所, スマートデイズ, スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団, かぼちゃの馬車事件

 6~8月にかけて、スルガ銀行(静岡県沼津市)の不正融資問題について、シェアハウスオーナーによる3回目の調停申し立てが行われた。累計951人のオーナーへの代物弁済などによる補償が完了する見込みだ。しかし、同行は8月27日、新たにアパートやマンションを購入する際に融資を受けたオーナーたちからも損害賠償請求が申し立てられた。事態は新局面に向かって動きだしている。

シェアハウスの次はアパマンで不正発覚

3回目の調停が完了

 「シェアハウスに関連した被害については3回の調停でほぼ救済し終わった。2022年3月ごろにはすべての処理が完了する見込み」

 こう話すさくら共同法律事務所(東京都新宿区)の河合弘之弁護士は、17年秋ごろに発覚したスマートデイズ(東京都中央区)による「かぼちゃの馬車事件」で、18年にスルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団(以下、SS弁護団)を結成し、団長を務めた人物だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ