スルガ銀行不正融資問題に新局面

さくら共同法律事務所, スマートデイズ, スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団, スルガ銀行不正融資被害者同盟, 東京共同法律事務所

ニュース|2021年09月24日

  • twitter

さくら共同法律事務所, スマートデイズ, スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団, かぼちゃの馬車事件

 6~8月にかけて、スルガ銀行(静岡県沼津市)の不正融資問題について、シェアハウスオーナーによる3回目の調停申し立てが行われた。累計951人のオーナーへの代物弁済などによる補償が完了する見込みだ。しかし、同行は8月27日、新たにアパートやマンションを購入する際に融資を受けたオーナーたちからも損害賠償請求が申し立てられた。事態は新局面に向かって動きだしている。

シェアハウスの次はアパマンで不正発覚

3回目の調停が完了

 「シェアハウスに関連した被害については3回の調停でほぼ救済し終わった。2022年3月ごろにはすべての処理が完了する見込み」

 こう話すさくら共同法律事務所(東京都新宿区)の河合弘之弁護士は、17年秋ごろに発覚したスマートデイズ(東京都中央区)による「かぼちゃの馬車事件」で、18年にスルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団(以下、SS弁護団)を結成し、団長を務めた人物だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【日本情報クリエイト、リアプロ買収】両サービスのデータを連携

    日本情報クリエイト

  2. 【不動産取引】5月18日電子契約全面解禁、電子書面の交付が可能に

    国土交通省

  3. 全国賃貸住宅新聞【紙面ビューアー】閲覧用URL一覧

    全国賃貸住宅新聞 紙面ビューアー

  4. 管理士移行講習未修了者が2割、申し込み締め切りまであと2週間切る

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

  5. スルガとの交渉進まずSI被害弁護団

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ