コロナ禍の影響は?エリアルポ~鳥取編~

エステートセンター, ウチダレック, サンホーム, サンスイ土地建物, まるにわ

企業|2021年10月02日

  • twitter

 全国で人口が最も少ない鳥取県。人口が減少しつづける中でも新築のハウスメーカーの物件が増加しており、古い物件を持つオーナーにとっては厳しい状況のようだ。そんな状況下の賃貸市況に新型コロナウイルス禍がどう影響を与えたか、地場で管理や仲介を行う不動産事業者に話を聞いた。

人口減少も供給増え築古の値下げ鮮明

 鳥取県の推計人口は54万9498人(9月1日時点)。全47都道府県中47位と、最も人口が少なく、毎年3000~4000人単位で人口が減少し続けている。総世帯数は22万13世帯(9月1日現在)で、こちらは毎年増加の傾向にあり、5年前の2016年と比べ、2615世帯増加した。一方、賃貸物件の着工数は16年から20年の間に合計で4647戸と、世帯数の増加に比べ2倍近く増えている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『コロナ禍の影響は?エリアルポ~愛知編・前編~』

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ