管理契約前に4人が現地調査

西田コーポレーション

企業|2023年01月25日

  • twitter

 神奈川県厚木市を中心に6800戸を管理する西田コーポレーションは、管理契約を交わす前に、四つの部門担当者が建物の現地調査を行う。それぞれの承認がそろってから管理契約を結ぶ。調査に力を入れる理由について稲毛信洋取締役に話を聞いた。

承認そろわなければ断りも

―管理契約の重要事項説明(重説)はいつから行っているか。

 約10年前から実施している。高齢のオーナーが多いため、ほぼ対面で実施している。賃貸住宅管理業適正化法が施行されたタイミングで、重説書面に、管理の再委託に関する確認事項や、入居者への対応報告について追記したが、そのほかは以前から使用しているものと変わっていない。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ビレッジハウス・マネジメントのDX推進 入居者の申し込み経路を分析』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ