アメニティジョイハウス、年間36棟の収益物件販売

アメニティジョイハウス,収益物件,運用

企業|2020年08月14日

  • twitter

アメニティジョイハウスの手掛けたアパート『LUMO 新松戸』

 賃貸住宅の建築・管理を行うアメニティジョイハウス(千葉県長生郡)はアパート販売事業に力を入れる。2019年は36棟292戸の収益不動産を建築し投資家に販売。平均稼働率は99%を維持しているという。

投資家の4割がリピーター

 同社は土地を仕入れ、その上にアパートを建て、投資家に販売するビジネスモデルを展開。本社のある千葉県を中心に、埼玉県、東京都の1都2県で事業を行う。収益不動産の販売事業は15年からスタート。これまで累計で297棟、2236戸を建築してきた。木造3階建てがメーンで1棟あたり平均戸数は9戸。1棟1億円程度の価格が中心だ。表面利回りの目安は7%以上としている。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  2. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  3. 【その2】賃貸仲介の成約単価・成約率などは会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸仲介編~)

    リライフ, スタートライングループ

  4. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  5. チームプロモート、QRコードで修繕手配

    チームプロモート

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ