富士企画、管理業務の分業化で入居率98%

富士企画

商品・サービス|2020年08月08日

  • twitter

富士企画の事務所

 1200戸を管理する富士企画は、2018年4月から賃貸管理業務の分業化を実施。専任者が空室対策に注力できる環境を整えたことで、91%だった入居率は98%までアップした。

専任者が空室対策の強化を推進

 具体的には、物件ごとに担当者を振り分ける以前の体制を改め、業務内容ごとに担当者を決める分業化を行った。3人の管理スタッフうち2人をオーナーや入居者、リフォーム業者の対応、退去精算といった、外部との窓口となる折衝業務の担当者に配置。残る1人を室内写真の撮影や図面広告の作成、入居募集中の物件のメンテナンスといった空室対策業務に専念させた。例えば、空室のドアポストにたまった郵便物を撤去したり、室内のリモコンや設備の説明書などは内見時に見えない場所に隠したりと、なるべく費用をかけずに内見者へマイナスの印象を持たせる要素を徹底的に排除した。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  2. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  3. 【その2】賃貸仲介の成約単価・成約率などは会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸仲介編~)

    リライフ, スタートライングループ

  4. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  5. チームプロモート、QRコードで修繕手配

    チームプロモート

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ