リッチロード、投資物件の収益性をAI査定

リッチロード,リーウェイズ

商品|2022年08月29日

  • twitter

ライフタイプ診断の診断結果のイメージ

 投資用不動産の売買・管理事業を手がけるリッチロード(東京都新宿区)は、7月4日にAI(人工知能)を活用した収益物件の査定・投資シミュレーションツール「リッチAI(アイ)」の提供を開始した。

物件の収支や投資方法を提示

 リッチAIは不動産の将来的な収益性や適切な売却時期などを可視化するサービスだ。ウェブ上に無料で公開し、顧客との新たな接点づくりや物件の提案力の向上につなげていく。不動産業界向けITサービスを手がけるリーウェイズ(東京都渋谷区)の不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.(ゲイト)」と連携。Gate.が持つ2億件を超える不動産情報を基に分析を行う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『GA technologies、家賃のAI査定機能を拡充』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ