メンテナンス主任者、申込開始

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会,東急住宅リース,ジェイエーアメニティーハウス,HIROTAグループ

管理・仲介業|2023年11月10日

  • twitter

メンテナンス主任者の認定証。カードタイプもある。合格後、自ら印刷し利用できる

 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(以下、日管協:東京都千代田区)は6日、新たな資格制度「賃貸住宅メンテナンス主任者認定制度(以下、メンテナンス主任者)」を創設し、講習の申し込みをスタートした。社員の取得を推進する管理会社も、既に出てきている。

現場・若手への取得を推進

建物管理知識問う

 メンテナンス主任者は、賃貸住宅の建物管理に関わる知識を問う資格だ。オーナーや入居者からの設備に関する問い合わせで、適切な一次対応ができるようになることを目指す。受験対象者は、管理の現場担当者だけでなく、コールセンターのオペレーターなどを見込む。また、新人研修での活用も想定する。

 日管協の塩見紀昭会長は「会長就任の所信表明で創設を目指していた資格を実現することができ、安心した」と話す。

 メンテナンス主任者の受験を申し込むと、360ページ超に及ぶテキストが送付される。テキストと合わせて、約11時間分の講習動画を視聴することで受験勉強を行う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『賃貸住宅メンテナンス主任者  今、制度化された理由』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. トラスト、投資物件再販で売上13億円超【注目企業インタビュー】

    トラスト

  3. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

  4. 埼玉県川口市、宅配ボックス設置義務化

    埼玉県川口市

  5. アイホン、オートロック解錠システム

    アイホン

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ