日本賃貸住宅管理協会に聞く。賃貸住宅メンテナンス主任者  今、制度化された理由

トレンドゲストレポート

管理・仲介業|2023年09月14日

  • twitter

 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(以下、日管協:東京都千代田区)が、賃貸住宅メンテナンス主任者という資格制度を始める。なぜ賃貸住宅管理業界は、建物・設備のメンテナンスに力を注ぐのか。資格制度の先にどんな未来を描いているのか。制度化を推進した塩見紀昭会長に話を聞いた。

建物管理のプロを養成する資格

―日管協が、今、このタイミングで、賃貸住宅メンテナンス主任者を資格制度化したのはなぜか。

 日管協の会長2期目を引き受けた時の所信表明で、賃貸住宅メンテナンス主任者の資格、研修制度を作ることを最優先課題とすると話した。前提にあるのは、2021年に賃貸住宅管理業法が施行されたことだ。法律が作られるにあたり、国土交通省は「賃貸管理業とは何か」について定義付けた。その中で、賃貸住宅の維持、保全を行う業務が賃貸管理業であることが明記された。しかし、賃貸管理業界の実態としてハード面の知識を付けるための環境は十分ではない。さまざまな書物を探したが、賃貸住宅のメンテナンスに関するものは見つからなかった。そこで、資格研写真度の創設が必要だと考えた。

―賃貸住宅に関わる建物の事故もあった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『メンテナンス主任者資格は実務に生きる? 日管協塩見会長に 設立の背景を聞く』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ