ブルーボックスに聞く。施工は協力業者に完全委託

トレンドゲストレポート

管理・仲介業|2023年11月16日

  • twitter

原状回復工事、どうしてる? ③

 愛知県を中心に1万2500戸を管理するブルーボックス(愛知県稲沢市)は、年間1700件ある退去の立ち合いを、協力事業者会に属する外部の10社に委託する。外部発注しつつ、品質を維持するために、情報共有の仕組みを整えた。中部圏事業本部営業部統括部長の篠本秀一氏と石丸淳也氏に聞いた。

―追加リフォームを提案する物件の築年数はどのくらいか。

 築年数15年くらいからの物件が多いのではないか。弊社ではサブリース物件も一般管理物件も、2LDKのメゾネットタイプが比較的多い。ファミリー層は単身者より入居期間は長くなるので、メゾネットタイプでリフォーム提案する際は、内装リフォームをコンセプトパッケージ化し、ここまでやれば15万円、ここまでだと20万円といった提案をしている。

―退去立ち会いは誰が担当するのか。社外の場合、齟齬(そご)は生じないのか。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『バリューアップ提案、退去前に』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ