分業は「ワンチーム」化がカギ

【連載】成功事例を大公開!賃貸管理研究所 第96回

管理・仲介業|2024年04月28日

  • twitter

強みを伸ばし生産性を向上

 1970~80年代のサッカーのポジションは、フォワード、ミッドフィルダー、ディフェンダーという呼ばれ方しかなかったような記憶がありますが、90年代くらいからボランチとかリベロとか、素人には耳慣れない役割が増えてきました。野球でもピッチャーの役割が細分化され、セットアッパー、ワンポイント、クローザー、ストッパーなど、色々な呼ばれ方が増えました。

 成熟化してきたスポーツの世界では、チームビジョンや戦略に合わせて、「役割が細分化」してくることなのだろうと思います。

職種の役割変化 小規模企業の兼務

 しかしながら、日本の賃貸不動産会社の職種は「総合職・営業職」「一般職・事務職」といったように、いまだに2種類しかないようにも思えます。

 2000年代になってインターネットが普及するようになってからは「バックヤード業務」の割合が増加してきて営業と事務の役割も似通う部分が増え、皆が1~10まで同じような業務をしている状態になっているように思いませんか。特に10人以下の小規模な会社だと顕著になり、「うちみたいな小さな会社では兼務してもらわないとやっていけないよ」といった言葉を聞くことが多くあります。しかし、こうした組織のつくり方が多くの賃貸不動産会社のタイムパフォーマンス=生産性を下げていて、平均年収が30年間変わらない状態の原因になっています。兼務自体は悪いことではありません。私も社内外で「7:3の兼務」を推奨しています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『安定した人員体制下で経営』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ