丸井Gとツクルバが賃貸ブランド

丸井グループ,ツクルバ

ニュース|2022年04月15日

  • twitter

6月中旬竣工予定のco-coono。1階ワークプレイスのイメージ

 エポスカードなどのフィンテック事業を展開する丸井グループ(東京都中野区)とコミュニティー型ワークプレイスの運営を手がけるツクルバ(東京都目黒区)は3月29日、2社共創のリノベーション賃貸ブランド「co-coono(コクーノ)」の設立を発表。ワークプレイス付きでコミュニティー型の賃貸となる。6月中旬に第1号拠点を東京都杉並区にオープンする予定だ。

上北沢に1号拠点竣工予定

 物件は、京王電鉄京王線「上北沢」駅から徒歩6分の場所に立地。RC造の地上5階建てで、個室タイプのシェアハウスを含む全19戸。築28年の元社宅をリノベした。間取りはワンルームで、広さは19.73~22.56㎡。シェアハウスの居室は、9.50~12㎡。想定家賃は、管理費と併設するワークプレイスの利用料を含めて6万5000~8万5000円だ。

 入居者ターゲットは、1990年代後半から2000年代生まれのZ世代。入居者と外部利用者への開放を予定する併設のワークプレイスを交流拠点とし、「個人で事業を始めたい人」や「プライベートの時間で関心のあるテーマのプロジェクトを立ち上げたい人」などが合流し切磋琢磨(せっさたくま)し合える環境を提供する。

 物件とワークプレイスの企画・設計デザインをツクルバ、物件の保有・管理・運営は丸井グループが担う。

 丸井グループokos(オコス:東京都中野区)TSUKURUBA事業部の兼子卓也課長は「グループでは、Z世代を将来を担うステークホルダーとみている。新たなことに挑戦したい人を応援・鼓舞する拠点として、棟数を拡大していきたい」と語る。今後は、同社グループでの保有のほかにサブリースでの展開も想定している。

(2022年4月18日2面に掲載)

おすすめ記事▶『コロナ禍での家賃債務保証会社①』

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  3. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  4. ニッソウ、個人事業主から年商28億円へ

    ニッソウ

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ