Labo、外国人実習生向け物件着工

Labo(ラボ)

商品・サービス|2020年06月24日

  • twitter

『外国人労働者向け集合住宅(社宅)』の建物イメージ

 兵庫県を中心に注文住宅の設計・施工を手掛けるLabo(ラボ:兵庫県明石市)は6月中旬より、外国人実習生のための集合住宅(社宅)を着工した。11月に完成を予定する。

ルームシェアで生活様式学ぶ

 鋼板の溶接や加工、鋼材全般を扱う久商(兵庫県加古郡)からの建築依頼で、同社で働く主にベトナム人向けの社宅となる。所有・管理は全て同社が行う。建物は木造2階建ての12戸で、室内は3LDK。海外ではスタンダードとなるルームシェアの仕様としている。慣れない日本での生活に、入居者同士がサポートできるほか、光熱費など経済的負担の軽減にもつながる。1戸につき3人を想定しており、最大で36人の入居が可能。全員が外国人実習生に固定しているわけではなく、日本人でも希望があれば入居できるという。各戸ではプライべートルームを用意し、ダイニングキッチンや洗面所などの水回りは全て共用部となる。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ