通信利用、スマホがPC上回る

総務省

市況|2018年06月04日

  • twitter

SNSユーザーの48%「情報収集に活用」

総務省は5月25日、「平成29年通信利用動向調査」の結果を発表した。個人のインターネット利用機器において、スマートフォンの割合が54.2%とパソコンの48.7%を上回った。

特に、部屋探しのメーン層である13~18歳で71.5%、20~29歳で87.8%、30~39歳で86.7%と高く、各世代ともパソコンより2割以上利用者が多かった。

ネット利用のうち、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)利用者は49.8%を占めた。うち、20~29歳では73.7%、13~19歳でも66.5%と平均を大きく上回る。利用目的では、「従来からの知人とのコミュニケーションのため」が86.5%と最も高かった。次いで「知りたいことについて情報を探すため」が48.1%と半数を占め、ウェブ集客においてSNS上での情報発信が重要になりつつある。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  2. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  3. 借り上げ戦略 大幅見直し OYO Japan 山本竜馬社長【トップインタビュー】

    OYO Japan

  4. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  5. 「外国人」「非正規雇用者」に依存するシェアハウスは苦戦(コロナ禍のシェアハウス調査4)

    ジャフプラザ, プティティール

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ