インドネシアの不動産会社の株式を取得

大和ハウス工業

企業|2012年12月15日

  • twitter

大和ハウス工業(大阪府大阪市)は、11月30日、インドネシア共和国のマヌンガルグループの不動産開発会社アルゴマヌンガルランドディベロップメントから、同社の子会社で工業団地の開発や造成を行うブカシファジャールインダストリアルエステート(以下、BEST社)の株式、約10%を取得したと発表した。取得株数は、約10億株。

2013年からBEST社が開発する西ジャワ州ブカシ地区において工業団地事業に参画する。

開発中の総面積は1350ヘクタール。東京ディズニーリゾートの13倍に相当する。スカルノハッタ国際空港から50kmに位置し、近隣には日本の商社が開発に携わった「MM2100」「イーストジャカルタインダストリアル」等の工業団地があり、多くの日系企業が進出しているという。

今後は役員を派遣し、工業団地開発のノウハウを蓄積するとともに設計・施工・管理・運営といったグループの経営資源を組み合わせ、今後の事業展開につなげたいとしている。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. UBIQS、コロナ予防洗浄サービス提供

      UBIQS(ユービックス)

    3. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    4. ジェイ・エス・ビー、大型学生マンション竣工

      JSB(ジェイ・エス・ビー)

    5. エコホームズ、他社仲介向けにマニュアルを作成

      エコホームズ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ