定期清掃報告をスマホアプリで

エフ・アイ・ティー・パシフィック

商品・サービス|2013年08月22日

  • twitter

エフ・アイ・ティー・パシフィック(東京都台東区)が、スマートフォンアプリを使った管理会社向け建物管理報告システム「Smart Maintenance」の販売を強化している。これはITシステム開発のC-UNIT SQUARE(愛知県名古屋市)が、大手管理会社の依頼により開発したものだ。今年2月より外販を行っている。
 
管理会社とビルメンテナンス会社が建物状況をスマートフォンやタブレットPCで共有できるのが特徴。オプションでオーナー向け報告ページの作成も可能だ。
 
ビルメンテナンス会社の担当者が定期清掃や修繕を行った際に、スマホのカメラで現況を撮影すると、管理会社の管理画面では対象物件・撮影時間といった情報とともに表示・記録される。スマホを扱ったことがない人でも簡単に使いこなせることを目指しており写真を定点撮影できるように、あらかじめ撮影箇所を登録すればガイドに合わせて撮影できるシステムが組まれている。
 
ビルメンテナンス会社から定期点検の結果を確認した管理会社は、オーナー向けの報告書を作成する。報告書はオーナー向けのページにアップロードすることもできる。オーナー向けページでは、オーナーから修繕依頼の見積もり依頼を受けるところまでシステムに組み込まれている。導入コストは管理棟数500棟で70万円程度になるようだ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  2. レジデンシャル ペイメント、元警察官による入居者トラブル対応、8万契約突破

    レジデンシャルペイメント

  3. 管理会社に聞く入居者対策①【前編】

    絹川商事, タクシン不動産

  4. データで見る相続問題

  5. 管理会社に聞く入居者対策①【後編】

    マエダエステート, 村上不動産

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ