社宅をコミュニティ賃貸へ

大和ライフネクスト

商品・サービス|2018年06月05日

  • twitter

相模女子大と提携して再生

多世代の入居で空室リスク低減

大和ライフネクスト(東京都港区)は、相模女子大学(神奈川県相模原市)と産学連携で進めているコミュニティ型賃貸住宅『L-commu+PLUS(エルコミュプラス)相模大野』(神奈川県相模原市)の企画・設計・賃貸・運営プロジェクトにおいて、6月中旬から学生の提案を踏まえたリノベーション工事を開始する予定だ。

同社では築22年の社員寮を昨年12月に購入。多世代コミュニティ賃貸『クルム浜田山』などの実績のあるコプラス(東京都渋谷区)が、コミュニティ賃貸としての提案を打診し、企画として関わりながら事業化が進められることになった。

『L-commu+PLUS相模大野』は37戸ある3LDKのうち、30戸について設備の取り替えなどの最低限の修繕を行い今年2月に第一期の入居者募集を行った。家賃は近隣の相場に合わせた12万9000~13万8000円(管理費込み)で、現在8戸が契約済みだ。「何室かは、友人など連名のルームシェアに対応する予定。多世代をミックスすることで空室リスクが減り、入居者にとっても、他の世代とのコミュニケーションが図れる」(コプラス・コンサルティング事業部PMグループ久保有美氏)と、さまざまな世代が入居できるように検討をしているという。

コプラスが今回、『L-commu+PLUS相模大野』にコミュニティ賃貸としての可能性を見いだした大きな理由は、もともと1階にあった「集会室」だ。「集会室がもともとあるのとないのとでは大きく違う。1戸つぶしてコモンルームにするのも良いが、あるものを活用した方が良いと思う」(同)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. コロナ禍での家賃債務保証会社①

    全保連, エポスカード, オリコフォレントインシュア, オリエントコーポレーション, エルズサポート, JPMCファイナンス, 近畿保証サービス, ジェイリース, ニッポンインシュア, ジャックス, Casa(カーサ), 日本賃貸保証

  2. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  3. 変わる不動産実務 ~オーナーアプリ編①~

    コスギ不動産, 宅都プロパティ, Good(グッド)不動産, プロラボテック

  4. 【書籍紹介】『令和3年度 よくわかる税制改正と実務の徹底対策』

  5. 【書籍紹介】『10万円から始めて 資産を200倍にする小型成長株投資』

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ