西日本豪雨で管理会社奔走

株式会社コザックス

市況|2018年07月16日

  • twitter

「食料届けなければ」必死の訪問

浸水で家財が外に出された愛媛県大洲市の賃貸住宅(アメニティーハウス提供)

6日から8日にかけて西日本を襲った豪雨では多くの住宅が浸水し流され、賃貸住宅にも甚大な被害を与えた。管理会社は想定外の大雨災害に直面し、避難情報の発信や食糧調達、安否確認に奔走した。移動がままならないエリアでは安否確認がまだ続いている。

全住宅被害が損壊・浸水含め2万4150棟に上った西日本豪雨は、賃貸住宅にもすさまじい被害をもたらした。大手管理会社の賃貸住宅830棟以上に被害があった。被害の大きかった岡山や愛媛で管理会社は対応に追われた。

7日夕方、岡山市内に避難指示が発令される中、500戸管理する地元管理会社のコザックス(岡山市)は物件対応に奔走していた。社員総出で被害が大きいと思われた物件20棟を巡回し、入居者に安全への呼び掛けを行った。

市内北区の6階建てマンションは、約30cmの床上浸水。1階の駐車場が水に浸かり、入居者は身動きが取れない状態になっていた。住居部分の2階以上には浸水がなかったため、待機することになった。同社の石田竜也店長は「大雨がいつまで続くか分からない。とにかく食料を届けなければと思った」と当時の状況を振り返る。近くの食料品店でカップラーメンやパンを買い出し、雨や泥にまみれながら入居者に配って回った。訪問時には、安堵の表情を浮かべた入居者もいた。

「災害時は物件巡回を徹底している。非常時にこそ管理会社の質が問われる」(石田店長)

2日で96棟訪問
愛媛県大洲市では街の中心を流れる肱川(ひじかわ)が氾濫し4600世帯以上が浸水した。愛媛県内を中心に5000戸管理するアメニティーハウス(愛媛県松山市)では大洲エリアの管理物件96棟約700戸のうち、川から周辺1キロ圏内に立つ28棟約150戸が浸水した。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  3. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  4. 賃貸仲介のヴィダックス、『TikTok』で集客成功

    ヴィダックス

  5. 東建コーポレーション、オンライン仲介を本格稼働

    東建コーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ