シェアハウス向け火災保険を運用開始

(一社)日本シェアハウス連盟

企業|2018年12月12日

  • twitter

管理物件の入居者全員が補償対象

6日に概要説明会が行われた 勉強会

一般社団法人日本シェアハウス連盟(東京都渋谷区)は2019年1月からシェアハウスの入居者向け火災保険『日本シェアハウス連盟団体補償制度』の運用を開始する。

シェアハウスではまだ、一般的な賃貸住宅のように入居者の火災保険加入が普及していない。入居期間が異なり2年未満で退去する人もいるため手続きも煩雑になりやすいからだ。
新たに運用を開始する保険は1会員企業に1契約が基本。会員企業が所有・管理するシェアハウスの入居者全員が被保険者となる。

入居者が火災保険に加入していないケースでは入居者による建物への損害発生時、オーナーに対する原状回復の責務はシェアハウス業者が負うことが多い。
シェアハウス業者は加入する保険などで修理費用を補てんしているが、保険会社は支払った保険金額を加害者の入居者に請求することになる。

同連盟は新たな団体補償制度について、「入居者保護と会員企業の健全な業務遂行の観点から、安心な補償と手続きの簡素化を実現する」と目的を定める。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. トラスト、投資物件再販で売上13億円超【注目企業インタビュー】

    トラスト

  3. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

  4. 埼玉県川口市、宅配ボックス設置義務化

    埼玉県川口市

  5. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ