新築で京町家を分譲

八清

企業|2018年12月19日

  • twitter

収益用の管理も対応

京つむ木の完成パース

京都を中心に不動産事業を行う八清(京都市)は、新築物件で京町家を分譲。2019年1月に販売を開始する。住居仕様の収益物件としても対応し、管理は同社が行う方針だ。

物件はJR線「二条円町」駅から徒歩約23分の『京つむ木』木造2階建て。4戸が連棟となっており、各戸約90m2の3LDK。外国人の別荘使用やファミリー層を狙う。
戦前に建築された従来の京町家と同様に、クギを使わずに梁(はり)や柱を組み合わせ、土壁を採用している。
また、町家のデメリットでもある断熱性や遮音性の低さは、対面型のキッチンやサッシを使ってカバーする。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ