関西で大型シェアハウス竣工

商品・サービス|2019年09月17日

  • twitter

共用ラウンジ。交流型に特化

オークハウス新築で全110戸

オークハウス(東京都渋谷区)が関西圏で手掛ける新築の大型シェアハウスが19日に竣工する。同社が関西で運営する賃貸住宅としては5棟目。新築で全110戸(4階建て)の規模は、関西では異例という。

主に首都圏で6000室のシェアハウスを運営する同社では、近年、首都圏以外にも手を広げている。同社が顧客ターゲットに据える、中長期で日本に住みたい外国人の中には、関西に住みたい人が一定数おり、受け皿の拡大につながる。

営業本部の海老原大介部長は「関西で交流を目的としてシェアハウスを楽しみたい方、留学生の方々をターゲットとしている」と話した。

家具・家電は備え付き

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    2. 受験者数が過去最多

      一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

    3. ホームネット、IoT電球で見守り

      ホームネット

    4. 駅15分でも9割稼働

      一般社団法人日本シェアハウス連盟

    5. 駐車場の契約「電子化」へ

      大東建託リーシング

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ