習志野に複合施設が開館

スターツコーポレーション

ニュース|2019年11月12日

  • twitter

『プラッツ習志野』の外観

 千葉県習志野市は2日、建設、不動産などのグループ企業を持つスターツコーポレーション(東京都中央区)が開発に参画した公共複合施設『プラッツ習志野』(千葉県習志野市)を正式オープンし、記念式典を行った。

PFIで地域一帯再生

 『プラッツ習志野』は、習志野市が「大久保地区公共施設再生事業」として計画。京成電鉄「京成大久保」駅周辺にある大久保公民館・市民会館、大久保図書館、勤労会館など八つの公的施設の機能を、同駅に隣接する中央公園の周囲に新築およびリノベーションで整備する施設に集約させた。

 同再生事業には公共事業に民間資本を取り入れるPFIの手法が用いられた。同市は2017年3月、スターツグループを中心に組織する特別目的会社、習志野大久保未来プロジェクト(同)と、設計・建設・維持管理・運営などのPFI事業契約を締結している。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    2. 電子書面交付社会実験、「積極活用」113社中3社のみ

    3. 収益柱は賃貸管理・ホテル

      TATERU

    4. 不動産業務のマッチングサービス

      ラックベア

    5. 企業研究vol.040 木村光貴 社長

      ユーミー ホールディングス

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ