アローペイント、共有部を定額制で修繕

アローペイント

商品|2024年05月08日

  • twitter

共有部の塗装工事をしている様子

新サービスで新顧客層開拓

 大規模修繕工事を手がけるアローペイント(大阪市)は4月1日、建物共有部の月額制サブスクリプションメンテナンスサービス「メンテホーダイ」を開始した。対象は1棟につき6戸以上ある賃貸物件だ。期間中は何度でも共有部工事を依頼することができる。費用は、1戸月額990円(税込み)で1年契約となる。単発で工事を依頼するよりも費用を抑えられることが強みだ。

 同社はこれまでも賃貸住宅や工場の大規模修繕工事を行ってきた。2022年には、最長15年で定額制の大規模修繕工事を行う「コツコツめんて」も開始。メンテホーダイは、建物の定期巡回や清掃以外で、大規模修繕工事まで至らない軽微な建物補修工事が対象になる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ワイズシー、長期修繕計画作成ツール提供』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ