コロナ禍 賃貸市場も大打撃

市況|2020年03月23日

  • twitter

募集賃料を月29万4000円から14万7000円に値引き

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が、賃貸住宅業界を揺さぶっている。業界内でも、目立って打撃を受けているのがマンスリー事業だ。大手のリブ・マックス(東京都港区)では、4~6月分の利用予約のキャンセルが相次ぎ、額にして1億円弱に及んでいる。理由は感染対策の一環で新入社員研修や出張を中止する企業が増えているためだ。同様の話は同業者からも聞こえてくる。現場の声をリポートする。

マンスリー予約取消 相次ぐ

  月単位の契約が可能なマンスリーは、大企業などが社宅や研修用に好んで使い、春先にまとまった戸数を予約する。しかし新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、転勤や研修を見送る企業が増えた。各地でキャンセルが相次いでいる。

リブマックス「反響4割減少」

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. コロナで民泊稼働ゼロも

    3. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    4. データで見る 部屋探し最新事情

    5. オヨライフ、「一時使用目的で2年契約」違法か

      OYO LIFE(オヨライフ)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ