リフォーム部材、入荷遅延

市況|2020年03月24日

  • twitter

 賃貸住宅向けリフォーム・リノベーションにも影響が出ている。よく言われるのが、温水洗浄便座などの設備部材の入荷遅延だ。

 複数のリフォーム会社から「4月以降の入荷が見えない」という声が当たり前のように聞こえてくる。改修が停滞すれば、オーナーは入居募集の再開が厳しくなり、リフォーム会社も仕事になりにくいだろう。

「不足の本格化は4月から」

 「もう発注できない」。こう語るのは、神奈川県の原状回復工事会社・キャンズ(横浜市)の飯田 達也社長だ。今後入荷が厳しくなりそうなのが、温水洗浄便座部材、洗面化粧台のミラーキャビネット、エアコンの3つ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ