【新型コロナ】海外の家賃事情

市況|2020年05月13日

  • twitter

タイ。非常事態宣言で多くの店が一時閉店した

 新型コロナウイルスの感染拡大対策として世界各国が外出を抑制している。人・モノの移動が滞り収入が落ち込む人が増えると、家賃支払いの猶予を求める声が活発化。現地居住者が感じていることをレポート形式でお伝えしたい。タイやマレーシア、中国(上海)のアジア諸国、米国、英国(ロンドン)、カナダの欧米諸国の計6カ国を取り上げる。

「完璧な補償はない」

国の支援、実効性不透明、貧困層の自殺が目立つ

■タイ

 賃貸オーナーや不動産会社に対する家賃減額要求は、事業用・居住用ともに2~3月によく見られたが、非常事態宣言発令でほとんどの店が営業できなくなり、要求の声が政府への支援、補償の要求へと変わっている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    2. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    5. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ