地域問題解決に動く

一般社団法人コミュニティネットワーク協会

商品・サービス|2020年05月30日

  • twitter

 高齢者や障がい者、低所得者などを対象としたセーフティネット住宅に、シェアハウス型が登場した。一般社団法人コミュニティネットワーク協会(東京都豊島区)が開設した『共生ハウス西池袋』だ。その取り組みを紹介する。

シェアハウス型セーフティネット住宅登場

 シェアハウス『共生ハウス西池袋』は「空き家を活用した『としま福祉支援プロジェクト』」として立ち上げた。4月23日にセーフティネット住宅に登録し、オープンは6月下旬に予定している。

地域住民と交流できる拠点も設置

 同シェアハウスは、JR「池袋」駅西口から徒歩13分の場所に立つ築35年の木造2階建て住宅。4部屋で、リビング、キッチン、風呂、トイレが共有。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ