武蔵コーポレーション、請求書関連業務を効率化

武蔵コーポレーション

商品・サービス|2020年06月21日

  • twitter

 収益不動産の売買仲介、賃貸管理を手掛ける武蔵コーポレーション(東京都千代田区)は、データに基づく企業経営を推進している。2018年9月から、データを利用した業務支援サービスを提供するウイングアーク1st(ファースト:東京都港区)の『SPA Cloud(エスピーエークラウド)』を導入した。

作業時間を3分の1に削減

 同システムは、OCRと文書管理機能を統合した文書データ活用のクラウドサービスだ。仲介会社から返送される請求書をOCRでデータ化した上、ルールに沿って振り分け格納する。また請求書に添付するQRコードで登録データと自動で照合するため内容のチェック作業を軽減させる。導入から約1年半で、広告料に関する請求処理の年間工数を185時間削減、修繕に関する請求書では1件の作業時間をこれまでの3分の1に短縮できたとしている。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ