コロナで変わる管理・仲介 注目のITツール紹介

その他|2020年07月04日

  • twitter

出典:『不動産業界のDX意識調査』

6割が不動産DXに着手

 賃貸住宅の管理・仲介業のデジタル化が加速していく。新型コロナウイルスの影響でテレワークが定着したことに加え、消費者がさまざまなウェブサービスを利用し、その利便性を実感しているためだ。賃貸住宅業界においても、業務効率化だけでなく、顧客ニーズに沿ったデジタル化を進めていかなければならない。

家主や入居者が利便性感じる機能性も重要

 不動産テック企業など6社・1団体が共同で実施した『不動産業界のDX意識調査』では6割の不動産会社が実際にデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいることが分かった。デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、データやデジタル技術の活用によって、ビジネスモデルを創出したり、変革させたりすることを意味する。不動産テックの活用による、非対面での仲介サービスやオンライン手続きなどがこれにあたる。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  3. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  4. 賃貸仲介のヴィダックス、『TikTok』で集客成功

    ヴィダックス

  5. 東建コーポレーション、オンライン仲介を本格稼働

    東建コーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ