管理会社の保険事情

その他|2020年07月14日

  • twitter

 賃貸仲介・管理会社の収益源の中で、比較的大きな割合を占めている付帯ビジネス。鍵交換代などさまざまな項目がある中で「保険手数料」は工夫次第で伸びしろを見込める重要事業の一つだろう。業容を維持・拡大していく上で、各社は保険代理ビジネスにどう向き合っているのか。各社の現状と今後を紹介したい。

東急少額短期保険、東急Gが賃貸向け少短に参入

 東急不動産グループが賃貸住宅入居者向けの保険事業に参入した。2年前に立ち上げた東急少額短期保険(東京都渋谷区)が、賃貸住宅向けの少額短期保険『スマQhome(キューホーム)』を6月23日に発売。まずはグループ内で試験的に利用を促していく。

771304.AFP02.jpg

新サービスのロゴ

3年後に2万件目標

 同商品の特徴は、管理会社が利用している物件管理システムと連携する点だ。保険契約にかかわる事務作業の大幅な削減を見込む。入居者がウェブで保険契約する際、賃貸借契約の情報が自動で転記されるため入力項目が減り、契約の電子化でペーパーレスにもなる。契約情報が連動していることで、保険契約の更新、解約忘れを防ぐことも可能だ。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    3. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    4. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ