クラリス、築古戸建てをグループホームに転用

クラリス

商品・サービス|2020年07月16日

  • twitter

グループホームとして成約した戸建て住宅

 賃貸管理を行うクラリス(埼玉県坂戸市)は、築古・空き家をグループホームに活用する提案で効果を上げている。2020年1月には、築30年の戸建て住宅をグループホームとして入居募集し、募集期間1カ月で相場より1万5000円高い、9万円で成約した。

相場の1万5000円高で契約

 成約した物件は、JR高崎線「鴻巣」駅から徒歩15分の立地にある木造2階建ての4LDKだ。空室の状態でオーナーが購入し、居住用の賃貸住宅として、相場家賃の7万5000円で活用することを希望していた。だが、郊外にある築古の物件で、周辺も空室が目立っていたため、グループホームとして貸し出すことを同社が提案した。山中智央社長は「他社が管理する物件を仲介する中で、グループホームとして利用できる物件は居住用に比べて早く成約になると感じていた」と語る。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    3. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    4. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ