中央ビル管理、ファミリータイプを若者向けに一新

中央ビル管理

リフォーム・リノベ|2020年08月13日

  • twitter

~before~ キッチンがDKに背を向けるよ うな配置

 3Kのファミリー向けアパートを、より若い世代をターゲットにした部屋にリノベーションしたのは、ポラスグループの中央ビル管理(埼玉県越谷市)だ。カップルや夫婦と子ども1人の世帯の入居を考え、間取りを2DKに変更し、インテリアもシックなテイストで仕上げた。工事費は約245万円。改修後は、賃料を1万1000円アップの6万6000円にしたが、入居者が決まった。

賃料1.1万円アップでも20代カップル入居

 物件は、JR常磐線「新松戸」駅徒歩15分の『メゾン・ド・レイⅡ』。軽量鉄骨造2階建て、全4戸のアパートで、元の間取りは和室2室の3Kだった。10年ほど住んでいた入居者が退去し、当初は原状回復で済ませる予定だった。

 しかし、和室のニーズが少ないこと、築30年近くなり内装や設備の傷みも進んでいたことなどを考慮して、リノベーションを実施するに至った。管理を担当する伊藤晃基・同社建物管理課千葉建物管理係主任は「従来よりも若い世代向けの物件」にすることを提案したと話す。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  2. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  3. 借り上げ戦略 大幅見直し OYO Japan 山本竜馬社長【トップインタビュー】

    OYO Japan

  4. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  5. 「外国人」「非正規雇用者」に依存するシェアハウスは苦戦(コロナ禍のシェアハウス調査4)

    ジャフプラザ, プティティール

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ