アフターコロナで伸びそうな新事業5選

モノオク, クラウドリアルティ, カスタメディア, 阪急阪神不動産, レ・コネクション

企業|2020年10月07日

  • twitter

オフィス移転時のサービスとして今後需要が増えそうだ

 コロナ禍以降に不動産市場で始まった、各社の新規事業を紹介する。

モノオク、オフィスの撤退支援事業

9月ごろから問い合わせ増

 物置きスペースのシェアリングサービスを展開するモノオク(東京都渋谷区)、オフィスの撤退、縮小を支援する新事業が好調だ。5月に始めた「カタヅクオフィス」事業には、幅広い業種の企業から問い合わせが相次ぐ。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、働き方が変わり、完全リモートワークや地方への本社移転を決める企業が増えたことが要因だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 賃貸住宅の浴室特集①

    不動産情報サイト事業者連絡協議会, キッチン・バス工業会

  2. コロナ下で変わる地方移住特集①

    ふるさと回帰・循環運動推進・支援センター, マチモリ不動産, LIFULL(ライフル)

  3. IRIS、LGBT向けの CBRE Global Investors Japanと連携

    IRIS(アイリス), CBRE Global Investors Japan(シービーアールイーグローバルインベスターズジャパン)

  4. レオパレスの建築事務所が行政処分

    レオパレス21

  5. 東京、賃貸5万戸超の供給過剰

    タス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ