不動産情報サイト事業者連絡協議会、契約まで1カ月未満が最多

不動産情報サイト事業者連絡協議会

市況|2020年11月11日

  • twitter

 不動産情報サイト事業者連絡協議会(以下、RSC:東京都千代田区)が10月29日に発表した「不動産情報サイト利用者意識アンケート」の調査結果によると、賃貸物件を契約した人の「住まい探しから契約までにかかった期間」は「1週間~1カ月未満」が35.5%と最も割合が高く、2018年と19年で最も割合の高かった「1カ月~3カ月未満」を上回った。調査結果では、「18年から長期化の傾向がみられていた契約までの期間はやや歯止めがかかった」とみる。

不動産情報サイト利用者意識アンケート

 アンケートは3月19日~7月17日を調査期間として実施。不動産情報サイトで物件情報を調べ、過去1年に賃貸・売買の成約まで至った人を対象とし、2966人の有効回答を得た。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~スマートロック編~

    アサヒグローバル, 三菱地所ハウスネット, ゴールドトラスト, ライナフ

  4. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~RPA編~

    ハウスパートナーホールディングス, 日本財託, ディップ

  5. 都市再生機構×フージャースアセットマネジメント、DIYとアウトドアがコンセプト

    独立行政法人都市再生機構, フージャースアセットマネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ