【企業研究】vol.084 フロンティアハウス 佐藤 勝彦 社長【トップインタビュー】

フロンティアハウス

企業研究|2020年11月12日

  • twitter

フロンティアハウス 佐藤 勝彦 社長(54)

 1999年4月に設立し、当初はマンションや戸建て、収益物件の売買仲介で事業をスタートしたフロンティアハウス(神奈川県横浜市)。その後、リーシング部門や管理部門、工事部門などの周辺サービスを拡充させ、現在は収益物件の販売を中心に事業を拡大。6月の決算では売上高約57億円を計上した。次の成長事業に、賃貸併用住宅の開発・販売を掲げている。100年企業を目指してさらなる事業拡大を進めている佐藤勝彦社長に、ビジネスモデルや事業戦略について聞いた。

収益物件の販売で年商57億円

投資用を中心に4つの商品を展開

―居住用マンション開発の有無で年商に波はあるものの、収益不動産の販売で安定成長を続ける貴社のビジネスモデルを教えてください。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ