【その1】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

トーマスリビング, セクト, イーホライズン

企業|2020年11月18日

  • twitter

店舗内装

 賃貸仲介の収益力は何で決まるのか。さまざまな指標がある上に、業界として明確なモノサシがあるわけではない。そこで本紙は、賃貸仲介件数や内訳、単価をはじめとした各種指標を複数の地場企業にヒアリングした。第1回目は、トーマスリビング、セクト、イーホライズンの3社を紹介する。

トーマスリビング、創業時から賃貸仲介が主力

福岡メインに25店舗展開

 福岡市とその近郊を地場に約6500戸を管理するトーマスリビング(福岡市)は、関連会社7社の根幹として賃貸仲介事業を据える。グループ売上高のうち40%弱を稼ぐ主力事業だ。次にリノベーション事業が12.5%、賃貸管理事業が10%と続く。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ