akippa、シェア駐車場に飲食販売車誘致

akippa(アキッパ)

ニュース|2021年02月25日

  • twitter

 駐車場のシェアリングサービス『akippa(アキッパ)』を展開するakippa(大阪市)は、2日、フードトラック事業を展開するMellow(メロウ:東京都千代田区)と業務提携を開始することを発表した。『akippa』に登録するシェア駐車場の活用方法を増やすことで、収益性を高めることが可能になる。

用途増やし収益性向上目指す

 フードトラックとは、自動車でテイクアウトの飲食の提供・販売を行うサービスのことだ。akippaは2020年4月から『akippaマルシェ』でフードトラック事業を試験的に行い、その際は弁当を販売した。

 今回はMellowに登録する約1000事業者という顧客基盤と、マーケティングの提供を受け、シェア駐車場との効果的なマッチングを目指す。

 対象エリアは首都圏や大阪市・神戸市からスタート。地方都市での展開も見据える。

 空き駐車場を活用したいオーナーにとってのメリットは2つ。1つ目は収益性の向上だ。コロナ禍により、観光客のニーズや日常生活での移動が減少。それにより稼働率が落ちたシェア駐車場をフードトラックに貸し出すことで、収益の取りこぼしをおさえられる。

 2つ目が、賃貸住宅の周辺地域にフードトラックを誘致できれば、入居者への付加サービスになる点だ。どういった飲食物を提供する事業者を選ぶかは、オーナーの意向に沿っていく方針だ。

 一方で課題もある。匂いや音の問題、客の並ぶスペースの確保などだ。

 事業企画室の田中大貴フェローは、「今後はオーナーと事業者が直接マッチングできるようなプラットフォームを作っていきたい」と話す。

(2月22日2面に掲載)

おすすめ記事▶『akippa、コロナ禍で既存駐車場をシェア化』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. イノーヴ、表参道に猫共生型物件

    イノーヴ

  2. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  3. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  4. センチュリー21、加盟店向けに秋の戦略会議開催

    センチュリー21

  5. 請負契約【賃貸不動産経営管理士試験対策】

    【連載】2021年試験対策 賃貸不動産経営管理士

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ