東京、賃貸5万戸超の供給過剰

タス

データ|2021年04月20日

  • twitter

 東京の人口流出が止まらない。人が減る一方、都内の貸家着工戸数は横ばいで年間6万戸台をキープする。独自の賃貸住宅指標で市況を分析するタス(東京都中央区)の藤井和之主任研究員が、コロナ禍以後の東京の賃貸マーケットの状況と今後の予測を語った。

止まらぬ人口流出で「安定経営」に陰り

市場に出ない「負け組」が増加

 藤井主任研究員は「2020年、東京都の賃貸住宅は5万4000戸以上の供給過剰だった」と話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  2. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

  3. ベルテックス、収益不動産販売で売上170億円

    ベルテックス

  4. And Doホールディング、賃貸住宅をIoT化

    And Do(アンドドゥ)ホールディングス

  5. 賃貸市場エリア別分析~仙台市編~

    平和住宅情報センター,ハウジングエステート,山一地所,REI(レイ),仙台市

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ