野村不動産、120戸のサ高住を10月開業

野村不動産, 野村不動産ウェルネス

ニュース|2021年08月03日

  • twitter

OUKAS日吉のエントランスパース図

 野村不動産(東京都新宿区)とグループでシニア向け住宅の企画・運営を行う野村不動産ウェルネス(同)は、同社の展開するサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)シリーズ第4弾となる「OUKAS(オウカス)日吉」を10月1日に開業する。すでに600件超の問い合わせが来ているという。

今回の竣工で4棟目、計画含め800戸超え

 OUKAS日吉は、東急東横線「日吉」駅から徒歩12分の場所に立つ、RC造9階建て全120戸のサ高住。専有面積は25~49㎡、間取りはワンルーム~2LDKと、単身、夫婦入居ともに対応できる。共用部には、フィットネススタジオや温泉大浴場、カラオケ・シアタールームなどを備え、館内でのレクリエーションを充実させる。

 同物件は、野村不動産の開発する全1318戸の分譲マンションや商業施設と隣接した大規模開発案件の一部。エリアマネジメントを行う一般社団法人ACTO日吉(神奈川県横浜市)と連携し、地域住民との交流ができる「まちのリビング」やイベントの開催を企画する。

 オウカスシリーズは、「100歳まで健康に暮らす」をテーマに、共用部のフィットネスクラブでインストラクターの指導を受けることで、運動を習慣化させ、長きにわたり健康に生活できることを目指す。

 現在2棟が計画中で、合わせて6棟831戸の案件になる予定だ。野村不動産の住宅事業本部シニア事業部・田代雅之課長は「高齢者住宅は介護型が約9割と、自立型の供給が不足している。今後も、交通生活利便の高い立地を厳選し、年2棟前後の展開を進めていく」と話した。

(8月2日2面に掲載)

おすすめ記事▶『コロナ禍のサ高住サービス最前線 ~前編~』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ