和工房、所有者負担0円で空き家を再生

和工房

商品・サービス|2021年08月21日

  • twitter

これまでに86件の空き家を再生。写真は築約60年の物件の改修例

 アパートの建築やリノベーション、空き家再生などを手がける和工房(愛知県半田市)は、空き家活用の新サービス「YAMOTASU(ヤモタス)」を18日に開始する。投資家が改修費用を負担したうえで空き家を借り上げ、賃貸住宅として運営するというビジネスモデルだ。家主の費用負担は0円。

投資家が借り上げ賃貸化

 サービスの流れは、①投資家が閲覧できるサイト上に、オーナーから依頼があった物件の情報を公開②投資家が投資したい物件を選び改修費用を支払う③改修後に賃貸住宅として運用を開始。

 戸建て住宅が対象で、改修費用は平均250万円程度を想定。着工から2~3カ月ほどで入居可能な状態に仕上げる。リーシング後は、改修にかかった費用に応じて、賃料の5~9割を投資家が、1~5割をオーナーが受け取る。借り上げの契約期間は13年。

 まずは自身が所属している「成長する大家の会」をはじめとする各地の家主の会で投資家を集める計画だ。加えて、空き家の所有者に訴求するために9月から愛知県、岐阜県、三重県でテレビCMを放映する予定。

 松久保正義社長は「自社の資金力に縛られずに手がける物件を増やせるモデル。3年後に年間1000件、6年後に年間1万件の利用を目指す」と意気込みを語る。

和工房 松久保正義社長の写真

和工房
愛知県半田市
松久保正義社長(41)

 

(8月16日19面に掲載)

おすすめ記事▶『巻組とガイアックスが業務提携』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  3. 「賃貸住宅フェア2022 SDGsアワード」一次審査の通過企業を発表!!

    賃貸住宅フェア

  4. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ