巻組とガイアックスが業務提携

巻組, ガイアックス

ニュース|2021年06月22日

  • twitter

空き家を改修したシェアハウス『COMICHI石巻』

 空き家を活用したシェアハウスを運営する巻組(宮城県石巻市)が、シェアリング事業を推進し不動産市場にも投資するガイアックス(東京都千代田区)と、2日に資本業務提携に基本合意した。6月中に、完了の予定となる。地方の空き家を改修したシェアハウスの全国展開を目指す。

空き家を活用したシェアハウスを全国展開

 巻組は、石巻市内で5棟19室のシェアハウスを運営する。改修の対象は主に築後60~70年の木造戸建てだ。定員は3~7人で、災害ボランティアをきっかけに移住した人や、会社に勤めながらものづくりを行うクリエイティブな人が多い。

 家賃は4万~5万円。入居者の流入経路は、自社サイトや口コミ、メディアで掲載された記事を見ての申し込みだ。2023年までに仙台市の郊外で最低4棟を展開する予定だという。

 巻組の渡邊享子社長は「人口減少エリアの空き家をシェアハウスとして有効活用する可能性を感じている」と話す。

 ガイアックスの上田祐司社長は「巻組の強みは、自社運営を見越した空き家の仕入れと、内製化されたローコスト改修のノウハウだ。コミュニティーの形成を重視し入居者満足度を上げる考え方にも共感した」と語る。

巻組 渡邊享子社長の写真

巻組
宮城県石巻市
渡邊享子社長(33)

 

 

ガイアックス 上田祐司社長の写真

ガイアックス
東京都千代田区
上田祐司社長(46)

 

(6月21日2面に掲載)

おすすめ記事▶『光ジェネシステムズ、空き家を学童保育施設に改修』

検索

アクセスランキング

  1. アパート・マンションへの不正融資訴え 家主約480人がスルガ銀行と交渉 

    スルガ銀行,SI被害弁護団,さくら共同法律事務所,村田・若槻法津事務所,KOWA(コーワ)法律事務所

  2. 不動産広告10年ぶりの大改正、徒歩分数の距離表示規則改定【クローズアップ】

    不動産公正取引協議会連合会,公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

  3. 2023年、民泊参入規制緩和へ

    国土交通省

  4. 【賃貸市場エリア別分析】~岩手県盛岡市編~

    アート不動産,熊谷興産,アパートセンター

  5. 【解説】家賃減額、争点は妥当性の証明

    レオパレス21,東京カンテイ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ